相模原市民交響楽団 団員に関する細則

団員に関する細則/目次

1
資格
2
尊守義務
3
団費
4
入団
5
出欠席の届出
6
懲戒
7
休団
8
退団

相模原市民交響楽団 団員に関する規定(本規約第5条の細則)

1. 資格

団員はこの団の趣旨に賛同する品裕ある音楽人でなければならない。

2. 尊守義務

  1. 楽団活動への積極的参加
  2. 規約の尊守
  3. 団費の納入

3. 団費

  1. 団員は団費を納入しなければならない。
  2. 納入方法については役員会において決める。
  3. 既納の団費はこれを返還しない。

4. 入団

団員になろうとするものは入団願いを提出し、団の承認を得なければならない。

5. 出欠席の届出

  1. やむを得ない理由により練習に欠席、遅刻または早退するときは、練習日の前日までにパートリーダー(パートリーダー欠席の場合その代理の者)に連絡をしなければならない。
  2. パートリーダー(パートリーダー欠席の場合その代理の者)は、練習日の練習開始前までに、当日の出席状況をインスペクターまたはサブインスペクターに報告しなければならない。

6. 懲戒

団員は次の一つに該当する場合において、懲戒処分として戒告、停団または除名の処分を受けることがある。

  1. 練習への出席不良または無届けの欠席、遅刻もしくは早退の多い場合
  2. 団費を滞納した場合
  3. 団員としての信義を損なう行為のあった場合

7. 休団

  1. 団員で病気、その他やむをえぬ理由により楽団活動を継続していくことが困難となったものは、休団願いを提出し団長の承認を得て休団することが出来る。
  2. 休団期間は6ケ月以上1年以内とする。
  3. 休団期間の延長を希望するものは、再度休団願いを提出し団長の承認を得て休団期間を更新することができる。
  4. 復団する団員は、復団届けを団長に提出しなければならない。
  5. 団員は休団期間中においては団費の納入を免除される。

8. 退団

退団を希望する者はその理由を記入して退団届けを団長に提出しなければならない。

pagetop
inserted by FC2 system