平成18年度 市民プロムナードコンサート

H18promポスター思い起こせば1年前。
合宿の宴会開始直後(=酔う前)に、団員投票が行われました。
「新たに開催するコンサートは、馴染みのある曲を演奏しよう」ということで挙がった「運命」と「新世界」。
このとき選ばれたのが、昨年のメイン曲「運命」です。

ほんの3票ほどの僅差で負けた交響曲第9番「新世界より」、今年はライバルも現れず、満を持しての登場となりました。

おのずとプログラムはチェコ一色に染まります。
オープニングは、華やかな和音で始まるスラブ舞曲第1番。そして、曲の解説を含めた「モルダウ」。
どことなく、故郷への想いがたくさん詰まった曲ばかり集まりました。

どの曲も有名で人気があるだけに、演奏者としてもプレッシャーを感じる部分もありましたが、これらの曲に取り組めて満足したのも事実。
プログラム、アンケートと共に、振り返ってみたいと思います。

pagetop
inserted by FC2 system